プレミアリーグのチームごとの攻撃力・守備力を可視化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はポアソン回帰を使って、勝敗の予測をしました。
今回は回帰結果の係数を使って、チームごとの攻撃力・守備力の可視化を行いたいと思います。

前回、下記の式を使って、各係数の推定を行いました。
 
log\lambda = \alpha + \beta_0 Team + \beta_1 Opponent + \beta_2 Home

Team : 得点を推定したいチーム
Opponent : 対戦相手
Home : ホームグラウンドか否か
をあらわしていますので、
それぞれにつく係数は
\beta_0 : 攻撃力
\beta_1 : 守備力
\beta_2 : ホームグラウンド効果
を意味します。

 

プレミアリーグ2014-2015シーズンの各チームの攻撃力・攻撃力

前回と同様プレミアリーグのデータを用いるのですが、2014-2015シーズンの前半(第1節 ~ 第19節)で計算しなおしました。
リーグ内の平均値を0とし、プロットすると下記のようになります。

Screen Shot 2015-02-22 at 18.02.07

攻撃も守備も優れるチーム : チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスターユナイテッド、サウサンプトン
攻撃は優れるが、守備が劣るチーム : エバートン、(リバプール)
攻撃は劣るが、守備が優れるチーム : トッテナム、スウォンジー、ストーク
攻撃も劣り、守備も劣るチーム : その他

という形でチームの力が視覚的に分かりやすくなりました。

 

プレミアリーグ2013-2014シーズンの各チームの攻撃力・攻撃力

プレミアリーグ2013-2014 (第1節 ~ 第38節)のデータをもとにプロットすると下記のようになります。
特に変化が大きいチームに関して、変化の要因を移籍情報から推察してみましょう。

Screen Shot 2015-02-22 at 18.01.22

リバプール

守備はさほど変わっていないのですが、今期は攻撃力が大きく下降しています。
大きく要因として考えられるのは昨シーズンの得点王であったルイス・スアレスの移籍と
得点ランク2位だったダニエル・スタリッジの負傷による離脱でしょう。
また、スアレスの穴を埋めるべく、マリオ・バロテッリをACミランから獲得しているのですが、活躍できていないのがデータにも現れています。

ウェストハム

一方攻撃力を大きく伸ばしたのがウェストハムです。
今シーズン獲得したディアフラ・サコを8得点、2013-2014シーズンの終わりごろに加入したアンディ・キャロルは5点と、
フォワードの補強がうまくいった結果、攻撃力が伸びています。

チェルシー

昨シーズンは守備力に偏っていたチェルシーですが、
ディエゴ・コスタ、ディディエ・ドログバ、ロイク・レミーと今シーズンはフォワードを厚めに獲得した結果、攻撃力の補強に貢献しています。
特にディエゴ・コスタは今シーズンで17得点をあげており、マンチェスター・シティのアグエロと同点で暫定得点王となっています。

 

チーム軸・プレーヤー軸

今回はチームとその得点を軸に分析、考察しましたが、
チームを形作っているのはそれぞれのプレーヤーです。
プレーヤーごとの分析、たとえば、得点への貢献度など推定できたら面白いですね。
今後はチームベースの分析も行いつつ、選手ごとの分析にも着手していきたいと思います。

なんにせよ、今後もプレミアリーグから目が離せませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加